fbpx

“My Precious”

TYPE: COMPOSITION
Cello
10 min.
PREMIRE: 2017/09/12 マインドツリー2017「全曲初演」@Musicasa in Yoyogi-Uehara


Program note

フェティシズムという語句は、ブードゥー教のように超自然的な力をもつとされる呪物への崇拝を意味したが、心理学において物に惹かれる性的倒錯を説明する概念として借用されて以降は、現代のように偏執的な趣味、およびに偏愛を指して呼ばれるようになった。

「My Precious」とはトールキンの名作『指輪物語』の登場人物であるゴラムの科白だが、これは自らが大切にしていた魔法の指輪のことを「愛しい人(My Precious)」と呼んだ科白であり、前述したフェティシズムを象徴する一句として本曲の題名に引用される。

モノに偏愛するヒトをチェロ奏者が演じることで、チェロ奏者が様々な演技でチェロを愛し、それに対してチェロが音で返答する、ひとりの人間の極小的なアンサンブルがありのまま淡々と行われる。

The word “Fethisism” means the worship of “Fetish” that is human-made object and believed to have supernatural powers such as Voodoo. In psycholody, Other means is a sexual fixation on a nonliving object or nongenital body part, It came to mean “Partialism”.

“My Precious” this line is spoken by Gollum who is fictional character from J. R. R. Tolkien’s “Load of the Rings”, for the ring he had to cherish. This line reminds “Fethisism”, So this is quoted to this composition title.

The cellist is loving the cello of with various acting, on the other hand, the cello reply to the cellist with sounds. This solo performance is “Duo” ensemble between cellist and cello, that ensemble feel minimum.